【初心者講座】キャンプ用品を揃えよう【ライト・ランタン編】

こんにちは!

今回は夜のキャンプサイトを明るく照らしてくれるライト・ランタンについて、

それぞれの特徴と選び方についてご説明します!

夜のキャンプを過ごすために必要不可欠なライトやランタンですが、

選ぶ物によって活動しやすくなったり、癒しの空間に変わったりします。

なんでも明るければ良いというわけでもありませんので、

目的に合わせて適切な種類と明るさを選んで、

キャンプの夜を素敵に彩りましょう。

明かりの種類と特徴

キャンプで使う明かりにはLEDなどの電気を使うものと、ホワイトガソリンなどの燃料を使うものの大きく2つのタイプがあります。

それぞれの特徴を見ていきましょう。

LEDランタン

LEDの光は常に一定の波長なので、虫が寄りにくく、目にも優しいのが特徴です。

色(色調)も白色系のものや暖色系のものなど好みに合わせて選べます。

光源はLEDですので、熱を持ち辛い特徴もあります。特に小さいお子さんが触っても火傷するようなことも少なく、安全性が非常に高いんです。

また、LEDランタンは安価で光量の高い商品がたくさん出ています。

選択肢もとても多く、キャンプに慣れた私ですら迷ってしまうくらいたくさんあります(笑)

扱いやすいので、特にキャンプ初心者の方にはLEDランタンがオススメですよ。

オススメPoint

  • 虫が寄りにくい
  • 目に優しい
  • 色が選べる
  • 熱を持ちにくく安全性が高い
  • 安い商品が多い

燃料系ランタン

燃料系ランタンに使用する燃料にはいくつか種類があります。

キャンプではお馴染みホワイトガソリン、

昔からよく使われていて未だに根強い人気のアルコール、

取り扱いは難しいですが、強い火力と安価な燃料の灯油、

シンプルかつ一番安価なロウソク。

細かく説明するとかなりマニアックな話になりますので、その記事は別途作らせていただきます(笑)

ここでは、燃料系ランタンに共通の特徴をご説明しますね。

まず、燃料系ランタンは燃料の燃焼により光を作ります。
燃焼する時に発する光は一定ではありません。強くなったり弱くなったり、揺らいでいます。
その「揺らぎ」が独特の光をはなつので、LEDなどの光にはない雰囲気が味わえます。
また、物を燃やすと言うことは光と同時に熱が放出されます。
“火”なので触れば熱いです。
夏は暑いかもしれませんが、冬は暖かくてランタンを囲んでいると会話も弾みます。
コスト次にコストです。
これは燃焼する量(火力)や燃料の種類によっても変わりますが、
どうしても電気を使うLEDランタンと比べるとコストがかかってしまいます。
価格は以下を参考にしてみてください。

※以下、Amazon内の検索です。

安全面への配慮が重要そして一番気をつけなければいけないのは安全面です。
先述の通り、熱を持ちます。触れば火傷するほどですので、子供ももちろん、大人も扱う時は気をつけねばなりません。
また、ランプは金属とガラスで出来ています。落としたら割れますし、最悪の場合燃料が飛び出して火炎瓶状態に…ならない保証はありません。
加えて、燃料自体の安全面もしっかり管理する必要があります。
間違えても焚き火の近くに保管するなど厳禁です。
そういった正しい知識が必要なのが燃焼系ランタンの共通の特徴です。

明るさと利用シーン

明るさについては製品によったり、燃料によっては外気温に左右されたりします。
ここでは主に利用シーン別にご説明します。

料理や食事にはLED

料理の際には手元がはっきり見えたほうが安全です。
また、焼いたり揚げたりする時に大切なのは色合いですよね。
白色系のLEDなら色合いもはっきり分かります。
また、虫が比較的寄りづらいのも利点ですので、料理や食材にはLEDランタンをお勧めします。

くつろぎの時間には石油系ランタン

食事の後に机や焚き火を囲んでくつろぐ時間、焚き火の明かりは読書やちょっとした作業には不向きです。
ある程度の明るさと雰囲気を損なわないようにする為には、石油系ランタン(ホワイトガソリンや灯油)が適しています。
おつまみを準備したり、サワーやカクテルを作るのにも明かりは欲しくなりますからね。
もし焚き火をやっているなら、焚き火とランタンの距離を少し離して置くこともポイントです。
ランタンのほうが強い光になりがちなので、焚き火の雰囲気も守りつつ、虫がランタンに引き寄せられて、焚き火の周りの虫が減ります。

夜中の静寂にはアルコールランタン・ロウソク

アルコールランタンやロウソクの光は、拡散し柔らかな光を放ちます。
キャンプ場での夜中は、特に近隣サイトなど寝てる人たちには配慮が必要です。
アルコールランタンやロウソクなら明るすぎず、迷惑をかけることも少ないです。
ただ、やはり明るさに期待は出来ないので、読書などには不向きです。
あくまでも周りへの配慮や雰囲気を楽しむものと割り切ったほうが良いかもしれませんね。

最後に

いかがでしたでしょうか?
ライトやランタンを選ぶだけでも、これだけのポイントがあります。
まずはこれらの意見を参考に、どれか1つに絞って揃えるのをおすすめします。
燃料・電源は統一したほうが持ち物も残量管理も楽だからです。
それについては別記事でご説明します☆

それぞれのキャンプスタイルに合わせて使い分けると、
キャンプの夜がグッと良いものになり、1回1回が思い出に残りやすくなりますよ。

今回は以上です!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です