冬キャンプへの野望

こんにちは!teteです。

今回も日記形式の雑記です。

前回の記事からかなり時間が経ってますが、相変わらずキャンプには行けてません(:3 」∠)

と言うか、ゴルフに浮気してましてw

会社のコンペに参加するのに初心者グッズを買って、練習に行ってたらかなりハマってしまいましたw

両方とも海や山でやるスポーツなので、本質からはズレてない…と言い訳をしています(_)

昨今のキャンプ人気の影響

計画性の無さが…

さてさて、前回も「ゆるキャン△」から火のついたキャンプの人気に愚痴や話題が及んだわけですが、

実は、基本teteは計画的に物事を進めるのが苦手なんです(笑)

大抵、週の半ばに「あ、キャンプだな。」と思ってキャンプ場に電話する。

そんな感じで毎年毎回キャンプしてきました。

※なので予約不要な道志の森キャンプ場なんかは天国みたいな場所ですw

ところが、この時期は虫も少なく日中暖かく、夜も凍える程ではないので最高のキャンプシーズンとなり、

キャンプ人気も相まって、まー予約が取れない取れない。

なので庭キャンプが捗るわけです(・∀・)

とは言え、キャンプだけではないですが、計画の重要性が身にしみているteteなのです。

もちろん良い面も

とは言え、キャンプ人気のお陰で新商品の開発ペースも上がっていると思いますし、

キャンプ場が潤うことで綺麗な過ごしやすいキャンプ場が増えていることも事実です。

あと、ここ2年程「キャンプ好き」と言う人に会う率が高くなってきました。

キャンプ好き=野生児(言い過ぎ) のイメージが無くなってきましたね。

喜ばしいことですね(^^)

本題:次回キャンプに向けて

さてさて、次回「キャンプに向けて」。もちろんタイトル通り冬キャンです。

本当のキャンプ好きでないと極寒の中キャンプは難しく、人も減り、突発キャンプのシーズンなのです(´ω`)

もちろん、突発と言っても必要な準備はしておかなければいけないですね。準備といっても色々あります。

  • キャンプ場選び
  • 暖房器具、防寒具
  • 仕事の調整

ざっくりこれだけやっておけば怖いものなしです。

キャンプ場選び

まずはキャンプ場選び。

冬にやっているキャンプ場は限られます。

妥協は出来ない、したくないteteですので、しっかりと条件を挙げて当てはまる所を探しています。

    日中だけでもスタッフがいる
    温泉・お風呂がある(シャワーだけじゃない)
    売店・コンビニが近い

と言うわけで、上記に当てはまる関東圏のキャンプ場を紹介する記事を近日中に用意しますね(^^)

暖房器具・防寒具

冬キャンプの醍醐味が暖房器具ですね。

teteは基本装備が決まってます。

  1. 石油ストーブ
  2. 湯たんぽ
  3. セラミックヒーター

この3つがあればまさかの”king of 寒がり”であるteteでも冬キャンプが楽しめるわけです。

セラミックヒーターは電源サイト限定ですが、大変重宝しています(^-^)

防寒具はシーズン前に穴や破れや臭いがないかチェックする程度です。

今年は人気のワークマン防寒具を買おうか迷い中w

仕事の調整

あとはこれさえやってれば問題ないですね。

中間管理職のteteは土日潰されることもままあります。

仕事が無ければ給料がないのでキャンプも出来ませんが、

仕事があるからキャンプに行けないというジレンマ。

そこをうまく調整するのが最大の難関なのですw

まとめ

まとまってない話題でまとめも何も無いかもしれませんが、

とりあえずteteの冬キャン計画!

  1. まずはキャンプの準備!
  2. 1月に同僚とキャンプ
  3. 12月から月一キャンプ

キャンプしたらレポートもしたいと思ってますので、長〜い目で見守って頂けると幸いです( ´ ▽ ` )

※後日、も少し綺麗に体裁整えます(反省)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です